エンターテイメントな出来事を叫ぶ滅茶苦茶男のブログ

滅茶苦茶男が、思いのままにエンターテイメント関連の出来事を叫ぶためのブログです。

DAIGO「KSK」発売は痛恨のミス?批判の声上がり祝福ムードに水を差す

time 2016/05/16

DAIGO「KSK」発売は痛恨のミス?批判の声上がり祝福ムードに水を差す

(出典:http://mdpr.jp/wedding/detail/1556699)

 

4月29日に挙式と披露宴を執り行った、DAIGO&北川景子カップル。

 

交際時から両者へは好意的な意見が多く、巷でも祝福ムードに包まれました。

 

しかし、ちょっとしたキッカケで、祝福ムードにDAIGOさん自ら水を差す形となっているようです。

 

sponsored link

披露宴で披露した自作曲「KSK」商品化で批判の声上がる

 

披露宴でサプライズとして披露された、DAIGO自作曲「KSK

kskhatubaide

(出典:http://www.barks.jp/news/?id=1000126812)

 

もちろん、新婦である北川景子さんに送ったものですが、メディアでその時の様子は報じられると、レコード会社に音源化を希望する声が多数寄せられたそうです。

 

 

それを受けて、6月にシングルとして発売されることになりました。

 

しかし、この行為にネット上では・・・・・

 

「北川景子のために作った曲で金儲けに走らないで」

「商品化などせずに2人の思い出にして」

 

といった声があがりました。

 

 

ごもっともな意見ではあります・・・苦笑

 

 

そもそも、現状、DAIGOさんも北川景子さんも仕事が順調でお金に困っている訳ではありません。

 

DAIGOさんに至っては、その育ちの良さは今更いうまでもないです。

 

それなのに、特定の人に送った歌を商売道具にするという行為に、嫌悪感をもった人が少なくないようです。

 

こればかりは、「痛恨のミス」と言われても仕方ないかも・・・汗

 

 

本来ならば、音源化希望の声にDAIGOさんが・・・・・

 

「ごめんなさい。これは彼女のために送った歌なので商品には出来ません。」

 

そういってくれれば、男を上げたのに。

 

まあ、このあたりは、DAIGOさんの所属事務所やレコード会社の思惑が優先されたというのが実情でしょう。

 

 

でも、それを言ってしまえば、4月末の盛りがありを6月まで引っ張って本当に売れるのか?

 

微妙な結果がまっていそうな気がしないでもありませんが、どうなのでしょう(汗)

sponsored link



sponsored link