エンターテイメントな出来事を叫ぶ滅茶苦茶男のブログ

滅茶苦茶男が、思いのままにエンターテイメント関連の出来事を叫ぶためのブログです。

AppleStoreのスタッフの報酬が時給1,300円ってマジ?元従業員が語る

time 2016/05/30

AppleStoreのスタッフの報酬が時給1,300円ってマジ?元従業員が語る

(出典:http://www.chrome-life.com/iphone/3428/attachment/upperwestside_gallery_image2/)

 

Appleといえば、超秘密主義で知られますが、今回、元AppleStoreで働いていたスタッフを名乗る人物がメディアの取材に応じたそうです。

 

そのスタッフは、イギリスのAppleStoreで働いていたそうで、努めていた期間は2011年から約4年間とのこと。

 

Appleでは、すべてのスタッフに対して秘密保持の観点から、かなり厳しい契約を結ぶそうなのですが、退職したからといって、どこまで公にしてよいのか気になるところですが、今回取材に応じた元スタッフを名乗る人物は、匿名であることを条件に引き受けたそうです。

 

 

なので、信憑性については、グレーということを前提に進めます・・・。

 

 

この元AppleStoreのスタッフを名乗る人物は、時給が日本円で約1,300円だったそうです。

 

インセンティブもなければ昇給もない待遇だったそうで、唯一、Apple製品を従業員割引で購入することは可能だったそうです。

 

 

このあたりは、Appleの方針として、売れればいいではなく、必要とする人に手にとってもらうという方針から、スタッフ間での売上に関する競争心を煽るようなことはなかったようです。

 

そう思えば、顧客主義ということは垣間見えますが、スタッフのモチベーションは、「Appleで働けていいることを幸せに思え」という風にも取れなくありませんね(汗)

 

 

気になるのは、この男性がAppleStoreで働き始めた年は、カリスマ、スティーブ・ジョブズが亡くなった年。

 

急激な方向転換はなかったとしても、近頃のティムクックの商品戦略からいくと、今後は売り込みに少しずつでもシフトしていきそうな気がしないでもありませんね。

 

 

ちなみに、iPhoneの発売時には、いくら店舗スタッフでも、ほぼお客さんと同時に近いくらいのタイミングでないと、製品を目にすることは出来なかったそうです。

 

そういえば、日本でもソフトバンクなどの携帯ショップにおいて、事前に新製品の情報が入ることはなく、発売と直前なのはショップでも話を聞いたことがありますから、このあたりは世界共通ですね。

 

 

時給1,300円については、どうなんでしょう?

 

その国の物価などもあるので一概には言えないのでしょうけど、思ったよりもかなり少ないギャラで働いていると思った方がいいのかもしれませんね(苦笑)

 

 

仮にそうだとしても「Appleで働いてます」って言えることの方がステータスとして重要だと考えるスタッフの方が多いのかもしれませんね。

 

自分は無理ですが・・・・・

sponsored link



sponsored link