エンターテイメントな出来事を叫ぶ滅茶苦茶男のブログ

滅茶苦茶男が、思いのままにエンターテイメント関連の出来事を叫ぶためのブログです。

野球賭博問題の余波!パワプロ2016から巨人の高木投手が消えることに

time 2016/03/15

野球賭博問題の余波!パワプロ2016から巨人の高木投手が消えることに

 

野球賭博問題で揺れる読売ジャイアンツ。

 

巨人の選手間での金銭授受疑惑もある中、ここにきて、永遠のライバル、阪神タイガースでも選手間の金銭授受問題が発覚しました。

 

すべてのチームが限りなく黒に近いグレーと見られることになりそうです。

 

 

球界の盟主といい、「巨人軍は紳士たれ」とも言われていた読売ジャイアンツがこのような状況だけに、他の球団も似たようなものなのかもしれませんね。

 

日本のプロ野球界にとって大きな痛手となった、野球賭博問題。

 

ことは、ゲーム業界へも影響を与えています。

 

先だって、新たに野球賭博への関与が判明した巨人の高木投手が、人気テレビゲーム、実況パワフルプロ野球シリーズの最新作「パワプロ2016」から抹消されたようです。

 

pawapuro2016

(出典:http://www.konami.jp/pawa/2016/)

 

来月、4月28日に発売を予定しているパワプロ。

 

実名が基本のこのゲームで、巨人の登録選手として登場予定だった、高木投手について、日本野球機構が制作元のコナミに、登録抹消を依頼したのだそうです。

 

 

昨年、賭博にかかわったとされて処分された巨人の3選手同様の措置が取られました。

 

しかし、高木投手には申し訳ないが、ゲーム性云々に関しては、特段影響はないのかもしれませんが、今後もし、その他の主力選手の関わりが明らかとなったりしたら、パワプロの発売そのものにも影響が出かねませんし、選手によっては、これまで以上にメジャー指向が強くなるかもしれませんね。

 

 

日本野球は、「親父のスポーツ」という印象が強いのですが、野球賭博なんかも、サラリーマンのお父さんにとっては、遊びの一つだったりします。

 

実際は、違法行為なのですが、あまりそういう意識が誰もないのですよね。

 

ある意味、清原みたいなのが登場するのも、プロ野球界の体質的なものが少なからずあるのかもしれませんね。

 

 

飲む打つ買う、3拍子揃ったところで、何の自慢にもならないような気がしますので、巨人のみならず、野球界全体が紳士(真摯)たれ。

 

そう思わずにはいられませんね。

sponsored link



sponsored link