エンターテイメントな出来事を叫ぶ滅茶苦茶男のブログ

滅茶苦茶男が、思いのままにエンターテイメント関連の出来事を叫ぶためのブログです。

相棒14で4代目の反町隆史がスムーズに入れたのはミッチーのおかげ?

time 2015/10/21

相棒14で4代目の反町隆史がスムーズに入れたのはミッチーのおかげ?
(出典:http://news.walkerplus.com/article/37156/image186822.html)
 
 
今年も例年通り始まった、人気ドラマ「相棒
 
4代目の相棒として、反町隆史さんが登場しました。
 
 
放送前は、「どうなの?」「仲間由紀恵のつなぎ?」
 
など、あまり好意的な意見は聞かれませんでした。
 
 
しかし、いざ初回の放送が始まると、概ね好意的な意見が多数聞かれました。
 
 
aibousorimatihamatta
(出典:相棒公式サイトより)
 
 
正直、誰が水谷豊さん演じる杉下右京の相棒をやっても、賛否は出るのは仕方ないところです。
 
 
でも、反町隆史さんが、初回で高い評価を得た事で、今後の展開が楽しみになった相棒ファンも沢山いると思います。
 
 
 

sponsored link

相棒交代を円滑にしてくれたミッチー(及川光博)の凄さ

 
今年で、第14シーズンとなる長寿刑事ドラマの「相棒
 
 
もはや、主演の水谷豊さんにとっては、ライフワークと言えます。
 
 
その反面、「杉下右京」が強すぎて、他の仕事への影響が良し悪しなのも、そのだけキャラが定着しているからに他なりません。
 
 
 
そんな相棒で、プレシーズンから7シーズン(実質6シーズン半)に渡って、杉下右京の相棒を努めた、亀山薫(寺脇康文さん)が卒業となった際は、大きな話題となりました。
 
 
長年に渡り定着していたコンビだけに、相棒ファンも大きな衝撃を受けた訳ですが、2代目の相棒に抜擢された、及川光博さんが寺脇康文さんと比べてどうなのか?
 
 
結構なプレッシャーだったと思います。
 
 
しかし、見事でしたね。
 
ミッチー演じる、「神戸尊
 
 
aibou2daimekanbeumai
(出典:http://tower.jp/article/news/2012/02/07/n08)
 
 
ちょっとキザでセクシーな、ある意味、ミッチーを地でいくキャラ設定が、杉下右京と絶妙に絡み、心配された、相棒が代わることの違和感を全くか感じさせませんでした(個人の感想です)
 
 
 
一見すると、クセがある感じの及川光博さんですが、目の前の状況をしなやかに受けとめる事のできる、役者としての柔らかさというか、キャラクターであることが幸いしたと勝手に分析しています・・・。
 
 
 

事前の仕掛けがミッチーをさらに入りやすくさせてくれた事実

 
もちろん、相棒が代わるという、人気作であるが故に、最もキツい番組の変化には、制作サイドの周到な準備があったことも確かです。
 
 
亀山薫が卒業する「相棒シーズン7」で、最終回まで出演して終わりにせず、放送途中で卒業させ、番組途中から杉下右京に相棒がいない状態を作りました。
 
 
このことで、次第に「亀山薫はいなくなっんだ・・・」というのを視聴者に印象つけることに成功したと言えます。
 
 
その上で、あえて、シーズン8まで間をあけずに、シーズン7の最終回に、ミッチーを2代目相棒の「神戸尊」としてお披露目したのは、ナイスな判断だったと(苦笑)
 
 
この展開で、杉下右京の元から亀山薫がいなくなって、時間を置き、さらに「相棒のいない杉下右京も結構面白い。でも相棒がいないと」という感情を、多くの視聴者はもったのではないでしょうか?
 
 
そこに、最終回で、予告的な側面ももった形でミッチー登場。
 
aiboukanbehairikatamigoto
(出典:http://blogs.yahoo.co.jp/tak116520/60005978.html)
 
 
うーん、絶妙です。
 
 
シーズン13の「ダークナイト」がウソのような、当時の製作陣です・・・汗
 
 
これによって、2代目相棒はスムーズに定着。
 
 
もちろん、及川光博さんが杉下右京演じる水谷豊さんとバッチリハマったのは確かで、4代目が誰になるか決まる前は、「及川光博再登板」を望む相棒ファンが少なからずいたことからも確かですね。
 
 
当時の展開がミッチーであったことで、相棒が代わっていくという展開を、視聴者も受け入れる体制になれたように思います。
 
 
もしこれが、ミッチーでなく、成宮寛貴さんが先だったら、また違ったような気もしますね。
 
 
まさに、運命だった及川光博さんの2代目相棒。
 
 
 
結果的に、3代目の成宮寛貴さん、そして4代目の反町隆史さんが、入りやすくなったの無関係ではないような気がします。
 
 
うーん、くどいようですが、「ダークナイト」はやっぱり頂けなかったですね(汗)
 
 
 
ということで、初の相棒チェンジとなった、ミッチーの事を、今改めて振り返ってみると、その後の流れへの影響は相当なものだったんだと勝手に解釈しています(苦笑)
 
 
果たして、4代目相棒の反町隆史さんはどんな結果となるのか?
 
 
楽しみな、相棒シーズン14となりそうです。
 
 
いつか、ミッチーの再登場が見たいという願望はありますが、現在63歳の水谷豊さんが、後何年「相棒」を続けるのかにもよりますので、難しいかもしれませんね。。。

sponsored link



sponsored link