エンターテイメントな出来事を叫ぶ滅茶苦茶男のブログ

滅茶苦茶男が、思いのままにエンターテイメント関連の出来事を叫ぶためのブログです。

東アジアカップ日本対北朝鮮の入場者数2万7千人?中国らしい水増し発表(苦笑)

time 2015/08/03

東アジアカップ日本対北朝鮮の入場者数2万7千人?中国らしい水増し発表(苦笑)
 
8月2日(日)の夜に行われた、男子サッカーの東アジアカップ、日本対北朝鮮の一戦。
 
試合は、気迫に勝る北朝鮮が、日本に先制を許しながらも、後半に2得点を奪い逆転勝利を収めました。
 
 
今大会は、中国の武漢エリアで開催されており、反日でも有名な地域であるため、北朝鮮との試合も完全アウエーとなることが予想されました。
 
 
実際、スタジアムには北朝鮮を応援する目的(日本にブーイングをする目的)で中国人の観客が目立ちました。
 
 
北朝鮮が日本ゴールを脅かせば大歓声を上げ、キーパーがナイスセービングを決めれば歓声を上げ、明らかに北朝鮮びいきといった感じでした。
 
 
しかし、観客が疎らであったため、アウエーという程のプレッシャーとはほど遠い状況であったため、選手への威圧感は皆無だったと言って良いでしょう。
 
にもかかわらず、驚かされたのは、中国からの日本対北朝鮮での入場者数の公式発表でした。
 
 

日本と北朝鮮の試合に3万に近い観客なんていた?

 
今回、日本対北朝鮮という、中国国民にとってみれば、日本が負ける姿を間近で見たいと思う人がどれくらいいるか?
 
 
nihontaikitanokankyaku
 
そんな位置づけのゲームだったと思います。
 
そんな中、中国が発表した入場者数は、2万7千人・・・。
 
 
えっ?
 
 
前日に行われた、女子の日本対北朝鮮も、閑散としたスタジアムで、静かな試合となりましたが、その試合よりは明らかに観客数は多く見えました。
 
 
しかし、どう見ても3万人近い観客が押し寄せたようなスタジアムには、テレビ観戦している自分の目には映りませんでした(汗)
 
 
正直、どうみてもその半分も入っていないように見えたのですが、いかがなものでしょうか・・・。
 
 
さすがに、2万7千人もの反日の観客がいたら、ブーイングはあんな可愛いものではないでしょう。
 
控えめとは無縁の、ざっくりとしすぎの水増し発表は、さすが中国といったところでしょうか。
 
 
試合も日本が敗れ、北朝鮮よりの中国サポーターも嬉しくてたまらないところでしょうけど、むしろ、日本より北朝鮮との試合の方が、ホスト国の中国にとっては、やりずらいのではないでしょうか?
 
 
北朝鮮は、日本の選手のようなメンタルの弱さは早々見られないため、連覇が懸かった日本を逆転で下して勢いのついた北朝鮮との試合は、中国にとって、大きなプレッシャーとなるような気がします・・・。
 
 
どちらにしても、今大会で観客がまともに入るのは、中国の出る試合だけなので、それ以外については、入場者数の水増しが横行することでしょう。
 
 
でも、こういうのって、FIFAとかは一切関知しないのでしょうね。
 
開幕早々見せてくれた中国クオリティ。
 
今大会中に、後どれくらいの衝撃を用意してくれているのでしょう・・・汗

sponsored link



sponsored link