エンターテイメントな出来事を叫ぶ滅茶苦茶男のブログ

滅茶苦茶男が、思いのままにエンターテイメント関連の出来事を叫ぶためのブログです。

引退決断でクロなのか?成宮寛貴は一先ず渡航して薬抜き?セクシャリティの真意は?

time 2016/12/10

引退決断でクロなのか?成宮寛貴は一先ず渡航して薬抜き?セクシャリティの真意は?

(出典:http://topicks.jp/32686)

今後さらなる活躍が期待されていた俳優の成宮寛貴

2016年も残り僅かとなった12月に起きたまさかの薬物使用疑惑でした。

 

ファンや俳優など芸能人のみならず、世間を大きな衝撃に包んだフライデーの記事は、成宮寛貴と所属事務所が完全否定したことから真っ向対決の様相を呈したと思った次の瞬間。

まさかの成宮寛貴の芸能界引退という一つの結論をはじき出してしまいました。

 

突然の引退発表にさらなる衝撃が走った訳ですが、芸能界引退の決断について、彼自身が語った言葉からは様々な推測がなされる事となりましたが、「やはりコカインを使用していたのか?」

多く方はどうしてもそう受けとらざる得ないのではないのでしょうか?

 

<成宮寛貴 直筆でのコメント全文>

全ての原因を作ったのは自分自身だと承知しております。心から信頼していた友人に裏切られ複数の人達が仕掛けた罠に落ちてしまいました。

この仕事をする上で人には絶対知られたくないセクシャリティな部分もクローズアップされてしまい、このまま間違った情報が拡がり続ける事に言葉では言い表せないような不安と恐怖と絶望感に押しつぶされそうです。

今後これ以上自分のプライバシーが人の悪意により世間に暴露され続けると思うと、自分にはもう耐えられそうにありません。今すぐこの芸能界から消えてなくなりたい。

今後芸能界の表舞台に立つ仕事を続けていき関係者や身内にこれ以上の迷惑を掛ける訳にはいかない。少しでも早く芸能界から去るしか方法はありません。

元々何もない自分をここまで育ててくださった関係者の皆様、本当にありがとうございました。

応援してくださったファンの皆様、こんな形で去っていく自分を許してください。

本当にごめんなさい。そして、ありがとうございました。

2016.12.8 成宮寛貴

sponsored link

引退発表のメッセージに込められた思いとは?

成宮寛貴は、引退宣言として上記のコメントを直筆にて所属事務所のトップコートを通じ発表しましたが、そこにはコカインの使用の有無については一切触れられていません。

 

フライデーに掲載された際は、即否定という行動をとった彼が、最後のコメントとなった直筆メッセージでは薬物疑惑そのものについては言葉を発していないのです。

 

ただ、「心から信頼していた友人に裏切られ」「複数の人達が仕掛けた罠に落ちてしまいました」

 

この言葉から推測できるのは、コカインなどの薬物を、それが何であるかをオブラートに包まれた状態でまるでお酒のように勧められて手を出してしまい、仲の良い友人だと思っていた男性(フライデーに告発したA氏)に金づるのような状態にされた。

このような薬物疑惑がクロのパターン。

 

そして、コカインなど全くやっていないのに、友人達とお酒を飲んでいる時に、それとなくそういう薬物や器具を用意されて写真を撮られた。

ねつ造記事のパターンです。

 

どちらも「騙された」というものにはなりますが、成宮寛貴にとっては「芸能界は恐ろしい」という気持ちになってしまい絶望からの引退宣言と考えられます。

 

しかし、これが自ら進んで薬物に手を染め、有名人である自分は動き辛いので信用している友人などに薬の調達を依頼していたら、ある日突然裏切られた。

もしこちらのパターンであれば、自業自得と色々なところからバッシングに晒されるのは避けられないでしょう。

 

果たしてコカインの使用についての疑惑がクロなのか?シロなのか?

フライデーが引退後の成宮寛貴を今後も追い続けるか否かによって、薬物疑惑の真相が明らかとされるのでしょうか。

 

そうなったらなったで、引退後もマスコミに追われた場合の成宮寛貴の精神面が気がかりではあります。

芸能界引退でファッションの世界に本格的に進出か?

 narimiyahirokiintaiketudan

(出典:http://pinfluencer.net/narimiya/)

フライデーのコカイン疑惑報道から僅か1週間で「芸能界引退」という究極の決断を下した成宮寛貴

 

引退を決めた彼の直筆のメッセージの内容からは、「まるで遺書のよう」という声も出るくらい、とても重苦しくて悲しみに溢れた言葉が並んでいます。

実際のところ、騒動の渦中からは逃げられないものの、芸能界に居た方が事務所の目や業界関係者の目もあるのですが、芸能界を離れてしまったら、両親をすでに亡くしている彼が自殺という選択をしてしまわないか心配されています。

 

そういった心配の一方で、今後はファッション関係の仕事に就くのではないかとも噂されています。

その理由が、成宮寛貴はパリコレに脚を運ぶ程のオシャレに目がない人物であること。

 

これまでに、「La’ da mode」というタキシードやジュエリーを扱うブランドのプロデュースを行なった事もあります。

普段から自身の服のコーディネートにも高いこだわりを魅せている事でも知られるため、引退後の進路の最有力先としてファッション業界という選択肢は可能性としては高いと見られています。

 

その場合は、一先ず海外への渡航という選択肢が考えられます。

そこでどうしても注目してしまうのは、「薬抜き」のための渡航の可能性です。

 

もし、成宮寛貴の薬物疑惑がクロだった場合、確かにしかるべきところが動いたりするような事にでもなれば、現時点では「毛髪検査」を行なえば、コカインを使用していたのであれば、陽性反応が出てしまう事になります。

先日、所属事務所が「尿検査」を行い「陰性」であると発表しましたが、尿検査で薬物反応が出る期間は使用からそれほど長くないとされています。

 

しかし、毛髪の場合は90日間程度は薬物が残るそうで、薬の使用の有無を調べるのであれば毛髪検査の方がよりしっかりとした検査が出来ると思われます。

当然のことながら、いくらフライデーが彼を追いかけた所で薬物検査を出きる訳ではありません。

しかるべき機関が動いて初めて行なわれるものです。

 

穿った見方をするとすれば、一先ず海外に脱出して薬を抜く事を優先する。

成宮寛貴の芸能界からの突然の引退はそう受け取れなくもありません。

あくまでクロであった場合ではありますが。

 

引退については、一説には成宮寛貴は怪しいと判断した所属事務所が、彼を実際は解雇して、それをオブラートに包むために「引退」という表現をとった可能性もないとは言い切れません。

その説が出てしまう大きな理由としては、現時点でフライデー側に、成宮寛貴及び所属事務所からの訴状が届いていない事があると見られます。

 

薬物疑惑からの法的措置については、これまでも有名人においては薬物疑惑を完全否定するものの実際に法的措置をとったケースは滅多にないとされており、疑惑が疑惑ですまないケースが多い事の証明でもあります。

成宮寛貴が語ったセクシャリティの真意は?

 narimiyasinroha

(出典:http://girlschannel.net/topics/13164/)

今回の成宮寛貴「芸能界引退」の発表にあたり、彼自身の直筆でのメッセージにある言葉の中で、多くの人が注目したのが、「セクシャリティ」という一文でしょう。

セクシャリティの意味については、ざっくりと言えば「性的な指向、減少」といったものになります。

 

この場合の対象が、一般的には女性であるところが、成宮寛貴の場合は同性。

男性である事を意味していると考えるのが自然でしょう。

 

実際、フライデーでは、告発者である「A氏」について、記事中では「彼」という紹介をしており、続報を伝える12月9日号では、A氏自身が「僕」と言っている事からも、男性と断言しても良さそうです。

そもそも、成宮寛貴に関しては、以前から「ゲイなのでは?」という噂・疑惑は実際にありましたので、驚きよりも「やっぱりそうなんだ」という声も少なくありません。

 

彼の場合は、今年ブレイクしたあの芸人さんと同じく「バイセクシャル」である可能性もありますが、いずれにしてもゲイという印象を今回の薬物疑惑報道が強くしてしまい、そして彼自身のメッセージからもそれは伝わってきます。

そこについてそもそもオープンにしていないので、ショックを受けたとしても全く不思議ではありません。

 

世間の声には「別にゲイでもいいんじゃないの?」という意見がありますが、それを公表していない立場の人間からすれば、「恥ずかしめを受けた」「裏切られた」

そのように受け取るのは自然な事だと思います。

 

特に日本の場合は、そういった事をおおっぴらにし辛い風潮が海外に比べるとまだまだあるので、成宮寛貴にとっても、薬物疑惑どうこう以前に、信頼していた人物(A氏)からそちらも匂わせれるような事を暴露された事も相当なショックだったと察する事ができます。

弟に迷惑をかけたくない兄の思いが引退の一番大きな理由?

今回のフライデーの報道、そして成宮寛貴の引退宣言からは、どうしてもよくない想像をしてしまわざる得ませんが、有名俳優の薬物疑惑というセンセーショナルなニュースは、芸能界に居る限りこのまま成宮寛貴を苦しめる事になるのは確かです。

 

例え引退したとしても、フライデーが追跡しない保証はないものの、業界に留まることよりも離れる方がまだマシであると思えなくもありません。

彼が疑惑はシロだったと仮定すれば、報道が過熱する事で、彼が一番困ることはなにか?

 

それは、弟の存在になります。

すでに知られているように、成宮寛貴は母子家庭で、14歳というまだ中学生の時に、母親を亡くしています。

 

彼には6歳下の弟がいたため、自分が働かなければと、中学生の時からアルバイトで生計を立てつつ、弟を進学させるために芸能界に入ってお金を稼ぐ事を決め、実際に大学まで弟を進学させた兄です。

弟にとって、成宮寛貴とは父であり母であり兄だったのです。

そこまで弟思いの兄です。

 

自身の薬物疑惑やそれ以外の事を興味本位でメディアから書き立てられ続ける事は、すでに就職し結婚もしている弟に迷惑をかけてしまうと考えても何ら不思議はありません。

彼が一番耐えられないのは、友人に裏切られたり複数の人達が仕掛けた罠に落ちた事のショック以上に、報道によって弟の家庭に迷惑がかかる事の方が心配でありショックなのではないかと推測しています。

 

正直に言うと、成宮寛貴という俳優は個人的にとても好きな役者さんです。

今回のフライデーの報道も間違いであってほしいと願っていますし、いつか彼が役者の道に戻れるような状況へと今回の騒動が沈静化することを信じたいところです。

 

ただ、あまりにも突然すぎる引退が、どうしてもモヤモヤしたものを残してしまったのも事実です。

出来る事ならば白黒ハッキリつけて、どのような道に進んでいくとしても、成宮寛貴自身の言葉をまた発信してくれる事を期待しています。

sponsored link



sponsored link