エンターテイメントな出来事を叫ぶ滅茶苦茶男のブログ

滅茶苦茶男が、思いのままにエンターテイメント関連の出来事を叫ぶためのブログです。

何でもかんでも巨大化?ジョブズがキレそうなAppleの商品ラインナップ

time 2015/09/15

何でもかんでも巨大化?ジョブズがキレそうなAppleの商品ラインナップ
 
先日発表された、Appleの新製品達。
 
その中でも一番大きな注目が集まったのは、やはり新型iPhone。
 
 
いつも通りの流れで、今年のモデルは、「iPhone6s」となりましたが、スペック等のお話は、他のサイトでいくらでも紹介されていますので、そこはスルーさせて頂きます。。。
 
 

 
 
 
個人的には、やはり本体サイズがiPhone6と同じであったことがショックです。
 
 
個人的には、iPhone5のサイズがスマホとしてはギリギリ使い勝手の良いサイズだと常々思っているだけに、巨大なiPhoneは好ましくないと感じています・・・。
 
 
Android端末の巨大化、そこからのゲーム市場開拓のためなのか?
 
あのAppleまでもがそこに流されて行った昨年のiPhone6は、結構なショックでした(汗)
 
 
そしてその巨大化の流れは、さらに加速してしまったようで。
 
 
 

sponsored link

iPad Proの意味不明なサイズに天国のジョブズもご立腹か?

 
 
iPhone6sの発表以上に、Appleファンを驚かせたが、「iPad Pro」の存在でしょうか?
 
 
何しろ、そのサイズが12.9インチという、こちらも巨大化させたという事実に驚愕しましたよ・・・。
 
 
従来のiPadとして、今は「iPad Air 2」になりますが、こちらは9.7インチ。
 
iPad Proは、もはや片手でもつイメージ写真を見せられたその瞬間に言葉を失いました。
 
 
ipadpro
 
Apple公式サイトより
 
 
タブレットというよりも、ちょっとしたパソコン?
 
これ、天国のジョブズがどんな顔して見ているのでしょう?
 
 
ジョブズの製品への思いからいくと、絶対にぶち切れるような気がする「iPad Pro」に思えます(苦笑)
 
 
実際、iPad Proの実物を手に取ってみた人は、「デカイ!」と口を揃えております。
 
 
Appleは、この商品のために、タッチペンとスマートキーボードを用意したことからも、マイクロソフトの「Surface Pro」を意識しているのは明らかです。
 
ipadproop
 
Apple公式サイトより
 
 
ジョブズ健在の際にはあり得なかった、他社に乗っかると言う戦略。
 
間違いなくジョブズはご立腹でしょう・・・。
 
 
昨年あたりから、Appleが市場に媚を売る感じが明確になっているような気がしてなりません。
 
もちろん、製品的に優れているは分かります。
 
 
実際、自分もAppleの様々な製品を手に取っていますし、クールです。
 
でも、iPad Proはの必要性は感じません。
 
 
日本での発売は11月頃になるようですが、価格が12万円近くする気配なので、それならMacBook Airで良いのでは?
 
そんな気にさせられてしまいます(汗)
 
 
「iPhoneをパソコンにしました」とでも言わんばかりの、新型のMacBookは、仕様等が微妙なため検討すらしませんでしたが、iPad Proについても同じように感じています。
 
 
まさかあのAppleが、Surface Proを意識するとは・・・
 
中々のショックです。
 
 
どうやら今年もiPhoneの買い替えは見送り、来年の「iPhone7?」待ちとなることが決定しました。
 
タブレットは、必要性を感じなくなり今年の春にヤフオクで売ってしまったので(iPad mini)新たに購入することもないでしょう。
 
 
最近、調子が今ひとつのMacBook Proの買い替えが、今のところ現実的な検討になるような気がします。
 
まさか、次のMacBook Proもディスプレイが巨大化して、20インチ超えのノートパソコンとかにならないですよね?
 
 
今のAppleの戦力を見ていると、ちょっと不安になります。
 
ティム・クックCEO、そういうのは本当に勘弁願います・・・汗

sponsored link



sponsored link