エンターテイメントな出来事を叫ぶ滅茶苦茶男のブログ

滅茶苦茶男が、思いのままにエンターテイメント関連の出来事を叫ぶためのブログです。

フジ月9が2017年一発目から2016年超えの爆死決定?『突然ですが、明日結婚します』の実情

time 2016/12/16

フジ月9が2017年一発目から2016年超えの爆死決定?『突然ですが、明日結婚します』の実情

(出典:http://www.oricon.co.jp/photo/1635/116332/) 

フジテレビが2017年最初の月9ドラマとして発表したのが、モデルなのか歌手なのか女優なのかよくわからない西内まりや主演の「突然ですが、明日結婚します」でした。

ここのところ、竹野内豊や瑛太からオファーを断られたといったフジテレビのドラマの現状を映し出すような痛々しいニュースが飛び出していましたが、まさかの西内まりやです・・・。

 

大々的に歌手活動を宣言し「夢は東京ドーム」と語っていたはずが、モデル、タレント、女優活動とどれも中途半端な印象がすっかりついてしまった彼女ですが、フジテレビ曰く「奇跡的にスケジュールが空いていた」とのことらしいですね。

このあたりは、低視聴率がほぼ確定してしまう恐怖のフジテレビだけに、役者を押さえられないジレンマと西内まりやをゴリ押ししたい事務所(ライジングプロ)の利害関係が一致したのではないでしょうか(汗)

sponsored link

西内まりや月9初主演の役所と相手役について

役所は、大手銀行で働きく優秀なキャリアウーマンでありながら結婚願望が強い「肉食系女子」という事で、22歳の西内まりやが演じる違和感は凄まじい設定状況です。

しかも、相手を努めるのは、ロックバンド「flumpool」のボーカル、山村隆太

yamamuragetu9

(出典:http://natalie.mu/music/gallery/show/news_id/102156/image_id/228454)

 

がっつり役者初体験です。

役所は人気アナウンサー。

ヤバイヤバすぎます(苦笑)

 

俳優としてデビューする事になった山村隆太は、「月9」はまさにドラマの武道館」と、ヨイショをしましたが、何とも切なすぎです。

本当はなにがやりたいのかよくわからないゴリ押しタレントと俳優初挑戦のミュージシャンというコンビに、フジテレビは今年2016年に続き、2017年もやってくれそうな予感しかしてきません。

 

まあ、今年は視聴率女王と呼ばれる、篠原涼子、松嶋菜々子、そして、12月15日に最終回を迎えた「シェフ」で主演を努めた天海祐希といった面々を、ことごとく低視聴率へと導いた実績を始め、あまりにも厳しい状況でした。

月9では、「ガリレオ俳優」福山雅治でもまさかの大爆死。

 

これらの流れからみるに、今回のキャスティングは、こうするしかなかったという事なのでしょう。

2016年の最後に月9で大爆死したジャニーズ山田涼介のイメージ回復が狙い?

2017年一発目の月9に、まさかのコンビを放り込んできたフジテレビ。

もしかしたら、キャスティング難という問題以上に重要な意味が隠されているのかもしれません。

 

それこそが、ジャニーズ事務所です。

 

2016年の最後を飾る月9ドラマは、ジャニーズのアイドルグループ「Hei! Say! JUMP」の山田涼介が主演を努め、あまりにも主人公よりの御都合主義も相まって、福山雅治の「ラブソング」を超え、月9史上最低視聴率を更新しました。

これでは、ジャニーズ事務所的には面白くありません。

 

同日の次の番組がSMAP「スマスマ」で、解散のため年内で放送は終了。

しかも、痛々しいビストロスマップの影響もあってか、数字も上がりません。

 

このまま負のイメージがついたまま年を越す事は避けられないにしても、来年の早い段階で負のイメージを少しでも減らしたいという事はあるはず。

そこで浮上したのがこのコンビかもしれない・・・汗

 

ネット上では、西内まりや主演で「突然ですが、明日結婚します」が発表された直後から、「月9は2016年超えの大爆死」といった声が上がっています。

正直、自分もそんな気がしています。

 

どうみても数字が取れそうな要素が見つけられません。

 

今のフジテレビ、そして、ブランドが低下した月9の実情を踏まえれば、かなりの確率で「突然ですが、明日結婚します」は、やらかしてしまうでしょう。

もし、そんな狙いがあって2017年一発目の月9がこれだとしたら、いよいよ枠そのものがどうなるか分からない1年に来年はなるかもしれませんね・・・。

sponsored link



sponsored link