エンターテイメントな出来事を叫ぶ滅茶苦茶男のブログ

滅茶苦茶男が、思いのままにエンターテイメント関連の出来事を叫ぶためのブログです。

もはや炎上大御所?アッコが高島礼子の会見を語り批判殺到

time 2016/07/05

もはや炎上大御所?アッコが高島礼子の会見を語り批判殺到

(出典:http://www.rbbtoday.com/article/2016/01/18/138775.html)

 

ここのところ、芸能界の「ご意見番」アッコこと和田アキ子さんの発言がやたらと炎上することが多くなっています。

 

歌手でありながら、永らくヒット曲にも恵まれず、歌手活動そのものが目立つこともないため、大晦日の紅白歌合戦に選出される度に、ネットを中心に異論の声が上がるもの風物詩の一つといった和田アキ子さん。

 

大御所として芸能界ににらみをきかす「ゴッド姉さん」だけに、面と向って文句を言う人もいないこともあって、その発言は過激さを増すばかり(苦笑)

 

そんな中、またもその発言が物議を醸し、和田アキ子さんに対し批判的な意見が寄せられています。

 

sponsored link

高島礼子の会見にアッコが妻の責任を語るも批判殺到

 

今回、和田アキ子さんがご意見番として発言したのは、「アッコにおまかせ」ではなく、ラジオの「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」でした。

 

番組では、元俳優の高知東生容疑者が覚せい剤取締法などで逮捕されたことを受けて、妻の高島礼子さんが会見を開き、そこで今後離婚の可能性について言及したことについて取り上げたアッコ。

 

「離婚なんてできる?普通するの?」

 

疑問を呈し、「一般の人は離婚すべきとか仰ってるみたいだけど、離婚っていうのはちょっと違うんじゃないかな」

 

「妻の責任として彼が反省し、どうやって更正してやり直していくか見極めてみるべきでは」

 

と持論を展開しました。

 

この発言に対し、ネット上では異論の頃が続出。

 

「覚せい剤以前に不倫だけでも離婚していい話」という声や「離婚を視野に入れる」という今後どうするか判断をする趣旨の発言にも関わらず離婚に疑問を呈した和田アキ子さんに、「お前が高島礼子さんの責任について語るな」といった、厳しい声も寄せられています(汗)

 

 

中には、「うるせーヘルメットおじさん」と、長年変らないその独特のヘアスタイルに言及する人もいる始末・・・苦笑

 

すっかり、ネットで炎上するご意見番としての地位を確立した感じの和田アキ子さん。

 

もはや「歌手和田アキ子」というよりも、「炎上大御所」としてのブランドが確立されたかもしれません。

 

アッコ、自らの夫婦関係を語って墓穴を掘る事態に?

 

 akkoboketuhoru

(出典:http://gamebiz.jp/?p=128308)

 

高島礼子さんが夫の高知東生容疑者逮捕を受けて、今後離婚へ発展する可能性に苦言を呈した和田アキ子さんでしたが、その際に自らの夫婦関係にもふれた事で、さらなる批判の声があがってもおかしくない状況になっています。

 

今回の、夫婦でありながら夫の高知東生の愛人の存在や覚せい剤の使用について、全く気がつかなかったいう妻高島礼子さん。

 

その発言に疑問の声を上げた芸能人も少なくありませんでした。

 

しかし、それがありえることを、和田アキ子さんは自らの夫婦関係で証明する事態となってしまったのです。

 

ラジオ番組の中で和田アキ子さんは、高島礼子さんが高知東生容疑者の覚せい剤使用に気がつかなかったとの発言に対して、まさかの理解を示しました。

 

その理由として、和田アキ子さんは、現在夫と暮らすマンションにおいて、同居にも関わらず、風呂、トイレ、リビングを別々に使用している事を告白しました。

 

その理由について、和田アキ子さんは、かつて夫とテレビのチャンネル争いで喧嘩になったことがあるとし、「向こうは野球が見たいから」と、夫婦でリビングを別にしているとのこと。

 

ある意味「家庭内別居」であるとカミングアウトしたようなものです・・・。

 

 

そのため、高島礼子さんが、夫の高知東生容疑者の薬物使用や不倫について気がつかなかったのも無理はないとの見解を示したのでしょう。

 

しかし、自らの家庭内別居状態を引き合いに出した事で、今後は夫婦問題について「お前が言うな!」といった批判の声が殺到するのは避けられないかもしれません。。。

 

芸能界のご意見番と言われながら、大御所というにはあまりにも本業が目立たない和田アキ子さん。

 

本業の歌手活動は一先ずおいといて、「炎上大御所」として邁進していくしかないのでしょうか(汗)

sponsored link



sponsored link